主流メディア:小児性愛者逮捕の報道を意図的に回避か?


  • 主流メディアは児童の人身売買を無視している。
  • NGO機関が人身売買業者をサポートしている。
  • 前代未聞の虐待規模。

週を追うごとに、児童/成人の人身売買での逮捕者数は増加の一途をたどり、前代未聞の規模へと到達した。しかしメディアによる報道は少ない。この理由には大手メディア編集部による意図的な決定がなされているのだろうか。それとも、何か別の理由があるのだろうか。

アメリカ合衆国で、今年1月の終わりから2月半ばの三週間の内に、Townhall.comの記者リズ・クロキン氏によって報じられた人身売買に関するニュースがある。

  • 1月27日、テネシー州当局は人身売買の容疑で42人を逮捕した。
  • 1月29日、カリフォルニア州当局は州全体規模で行われていた人身売買行為の容疑で、474人を逮捕し、性的搾取を受けた児童ら28名を救出した。
  • テキサス州当局は、1月のスーパーボールサンデー(アメリカンフットボールのチャンピオンシップ大会)まで行われた性的人身売買に対するおとり捜査で、178人を逮捕した。
  • 2月14日、フロリダ州のポーク群保安官は児童ポルノ関連の事件で42人を逮捕したと発表した。

以上の事件は主流メディアによって報道されたものだ。しかし、これらは氷山の一角に過ぎない。今年5月、プレイペン小児性愛者ネットワークに対する、2年に及ぶ捜査が終決した。この事件では、少なくとも247名の児童が虐待を受けたとされている。大規模な事件であるにも関わらず、報道機関は大きく報道しなかったのだ。

このような報道機関の意図的とも言える報道の回避は、アメリカだけに限られているものではない。イギリスで、性的虐待事件に対する大規模な捜査作戦が実行され、政治家、有名人、テレビタレントや歌手など1400名に捜査の範囲が広まった。この事件には、誰も想像したことがない数の虐待や人身売買があったことが判明したが、イギリスメディアは一様に大きく報道しなかったのだ。(しかし、2011年に84歳で死去した、英国人気司会者ジミー・サヴィル氏など、何名かの著名人の性的虐待犯行だけは、大きく取り上げられた。)

 

イギリスには、白人少女の人身売買と虐待を行っているグルーミングギャング(大多数がイスラム系の男性によって構成される売春組織)が存在する。「グルーミング」とは性的行為にいたる前に、少女たちとまず信頼関係を築く心理プロセスのことを指す。イギリスのサウス・ヨークシャー州にあるロザラムで、1400名に及ぶ児童が性的暴行、虐待や人身売買の被害に遭う事件(ロザラム児童性的搾取事件)があったが、当時の地方政府と地方警察はイスラム系団体から人種差別だと非難されるのを恐れ、事件を見逃していたのだ。この事件がイギリス国内で、初めてグルーミングギャングの存在を知らしめた事件であった。その後、イギリス国内のいくつもの街やコミュニティーにも、グルーミングギャングが存在することが判明した。しかし、その他にも発生した組織的児童虐待事件に関して、大規模な報道がされることは少なく、何のために人々から真実を隠しているのか疑問が沸き起こるのである。

ドナルド・トランプ米大統領は人身売買への対策を設置することを示すスピーチを行った。しかし、同スピーチに関する報道はまたしても、メディアによって無視されたのだ。

欧州では、NGO機関が人身売買組織と手を組み、イタリアやその他のEU諸国に移民を入国させる手助けを行っている。NGO機関はどうやら、人身売買組織は金を得る目的で、大人を移動せることで法律を犯すが、同じことを児童に対しては行わないと考えているようである。人身売買組織は金が手に入るところから得ようとしているだけであり、自らの工場で雇用していた1200人のユダヤ人を虐殺から救ったオスカー・シンドラーのような行為を行っているわけではない。彼らは単なる非道な犯罪集団である。大勢の人を、沈むことの容易に想像がつく、劣悪な古いボートに押し込み、金を得ているだけなのだ。この犯罪行為を人道目的と勘違いして手助けしているNGO機関は、犯罪組織の共犯として訴追されるべきである。

メディアによる報道の欠如は、何人の児童が実際に性的虐待の被害に遭っているのかの人口数値を闇に葬り続ける、意図的な行為であるという説がある。その他の説として、報道されることにより、破滅することを恐れる人々の存在がメディアを押さえつけているという説もある。いずれにせよ、主流メディアは今すぐに間違いを正すべきなのだ。

 

翻訳 :UTOP

 

 

3 Comments on "主流メディア:小児性愛者逮捕の報道を意図的に回避か?"

  1. Is there a website tabulating these arrests in US since 2017?

Leave a comment

Your email address will not be published.


*